妊婦さんは葉酸が大切

妊婦さんは葉酸が大切

生まれてくる赤ちゃんの先天異常を防いだり、神経管閉鎖障害の発症を防ぐにあたって、非常に大切な存在といえば葉酸が挙げられるでしょう。

 

葉酸は色が濃い葉物野菜にたくさん含まれている成分の一つです。

 

ただ、現在の女性にとっては不足しがちな存在ですし、もともと体内の蓄積量が少ないことで葉酸は知られています。

 

赤ちゃんの先天異常は遺伝などの要因が影響することも有りますが、葉酸を取ることによって大幅に発症リスクを抑えることが出来ますし、妊娠を考えている女性や妊婦の女性は出来るだけ葉酸のサプリメントを活用すると良いでしょう。

 

妊娠を目指している人にとっても葉酸は大切な成分であり、厚生労働省でも神経管閉鎖障害のリスクを減らすため、一日に0.4mg程度サプリメントで葉酸を補うことが推奨されているのです。

 

葉酸を食事から補うというのは、水に溶けてしまいやすいことや、たくさん摂取するには野菜を大量に摂取する必要がある点などを考慮すると、なかなか現実的には難しい話です。

 

葉酸を上手く摂り入れるためには、断然サプリメントを活用したほうが賢い選択であると言えます。

 

生まれてくる赤ちゃんの健康を大切にしたい人や、妊娠中で葉酸を多く必要している女性は、積極的に葉酸サプリメントを飲むことが肝心です。

健康な赤ちゃんを育てる「葉酸」

 

妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性に摂ってもらいたい栄養素はたくさんありますが、その中でも特に重要と言われているのが「葉酸」です。

 

葉酸はホウレンソウなどの葉物野菜や、レバーに多く含まれる水溶性のビタミンとして知られています。

 

なぜ、この葉酸が妊娠中の女性などに必要なのかというと、先天性の疾患を持つ赤ちゃんの出産リスクを、下げる効果があるからなんです。

 

葉酸は細胞分裂を手助けする栄養素なので、不足してしまうと赤ちゃんの成長に、大きな悪影響を与えてしまいます。

 

例えば妊娠1周目から2週目に葉酸が不足していると、赤ちゃんの中枢神経が上手く作られず、流産や死産の原因になると言われています。

 

また、妊娠中期にも葉酸が少ない状態だと、二分脊椎という先天性の疾患リスクが上がってしまうのです。

 

ですので、健康な赤ちゃんを育てる為に、葉酸は必ず摂取したい栄養素と言えるでしょう。

 

妊娠中の女性の場合、1日に必要な葉酸量は400μgと言われています。

 

食事からでも補える栄養素ですが、水溶性のビタミンという事もあり、茹でたり加熱しすぎると葉酸量は少なくなります。

 

ですので、食事から全てを補うのではなく、葉酸を配合したサプリメントなども活用して、十分な量を摂取する事がお勧めです。